« 11g対応ORACLE MASTERも開始!
CentOS4.5にMySQL5をインストールする »


10月

3

Oracleの同時最大接続数の取得

今日のメモ。Oracleの同時最大接続数を知る方法。

V$LICENSEビューのSESSIONS_HIGHWATER列を検索すると
インスタンス起動時以降の同時ユーザー・セッションの最大数を取得できる。

SELECT SESSIONS_HIGHWATER FROM V$LICENSE;

再起動してしまった場合でも、アラートログが残っていれば
Oracle停止時に出力されるLicense high water markの値を見れば
起動~停止における最大同時ユーザセッション数を知ることができる。
このセッション数にはバックグラウンドプロセスによるセッションは含まれない。

SESSIONS_CURRENT列では現在接続中のユーザセッション数を取得できる。

Leave a Reply

Comment