« Oracle 11g 日本でのリリース予定日決定
Oracle 11gインストール - その3:Oracleのインストール »


9月

12

Oracle 11gインストール - その2:インストール前の作業

前回、CentOSのインストールをしてからだいぶ間があいてしまいましたが、引き続きOracle 11gのインストールをします。まずはOracleインストール前の準備作業から。

1.ハードウェア要件

  • 1GB以上の物理メモリ
  • スワップ領域要件
  • RAM 推奨スワップ領域
    257~512 MB RAMのサイズの2倍
    512~2048 MB RAMのサイズの1.5倍
    2049~8192 MB RAMのサイズと同じ
    8192 MB以上 RAMのサイズの0.75倍
  • /tmpディレクトリに150~200MBのディスク領域
  • Oracleソフトウェア用のディスク領域には1.5~3.5GBが必要(インストール・タイプによる)

2.ソフトウェア要件
パッケージの確認
CentOS4.5では以下のパッケージが必要。
インストールされていないパッケージはyumでインストールします。

# yum install elfutils-libelf
必要なパッケージ インストール後のバージョン
binutils-2.15.92.0.2-18 同左
compat-libstdc++-33.2.3-47.3 compat-libstdc++-33-3.2.3-47.3
elfutils-libelf-0.97-5 elfutils-libelf-0.97.1-4
elfutils-libelf-devel-0.97-5 elfutils-libelf-devel-0.97.1-4
glibc-2.3.9.4-2.19 glibc-2.3.4-2.36
glibc-common-2.3.9.4-2.19 同左
glibc-devel-2.3.9.4-2.19 同左
libaio-devel-0.3.105-2 同左
libaio-0.3.105-2 同左
sysstat-5.0.5 sysstat-5.0.5-15.0.1.el4
unixODBC-2.2.11 unixODBC-2.2.11-1.RHEL4.1
unixODBC-devel-2.2.11 unixODBC-devel-2.2.11-1.RHEL4.1

3.OSグループ、ユーザの作成

OLACLEインベントリグループ作成

# /usr/sbin/groupadd oinstall

# grep oinstall /etc/group

OSDBAグループ作成

# /usr/sbin/groupadd dba

# grep dba /etc/group

Oracleユーザの作成

# /usr/sbin/useradd -g oinstall -G dba oracle

# id oracle

uid=501(oracle) gid=501(oinstall) 所属グループ=501(oinstall),502(dba)

パスワードの設定

# passwd oracle

4.カーネルパラメータの設定
各カーネルパラメータの推奨値は次のとおり。

パラメータ
semmsl 250
semmns 32000
semopm 100
semmni 128
shmall 2097152
shmmax 物理メモリの1/2、または4GB - 1 byte
shmmni 4096
file-max 512 * PROCESSES
ip_local_port_range 最小値:1024 最大値:65000
rmem_default 4194304
rmem_max 4194304
wmem_default 262144
wmem_max 262144

各パラメータ値の確認方法

# /sbin/sysctl -a | grep shm

修正が必要な場合は/etc/sysctl.confを編集 or 作成する

kernel.shmmax = 786432000
kernel.sem = 250 32000 100 128
net.ipv4.ip_local_port_range = 1024 65000
net.core.rmem_default = 4194304
net.core.rmem_max = 4194304
net.core.wmem_default = 262144
net.core.wmem_max = 262144

上記変更の反映

# /sbin/sysctl -p

シェルの制限を増やす。
/etc/security/limits.confに以下を追加する。

oracle              soft    nproc   2047
oracle              hard    nproc   16384
oracle              soft    nofile  1024
oracle              hard    nofile  65536

/etc/pam.d/loginに追加または変更する。

session    required     /lib/security/pam_limits.so
session    required     pam_limits.so

/etc/profileに以下を追加する。

if [ $USER = "oracle" ]; then
if [ $SHELL = "/bin/ksh" ]; then
ulimit -p 16384
ulimit -n 65536
else
ulimit -u 16384 -n 65536
fi
fi

5.ディレクトリの作成
Oracle Baseディレクトリを作成する。

# mkdir -p /opt/app/oracle
# chown -R oracle:oinstall /opt/app/oracle
# chmod -R 775 /opt/app/oracle/

6.環境変数の設定
oracleユーザにて.bash_profileに以下を追加する。

umask 022
export ORACLE_BASE=/opt/app/oracle

環境変数の反映

. ./.bash_profile

これでインストール前の準備作業は完了です。
次はいよいよ11gのインストール!

Leave a Reply

Comment